2016/10/01 ( Sat )

【株以外の投資、知っていますか?株以外の投資をしてみよう!】

カテゴリー:投資

LINEで送る
Pocket

『目次』

 

「投資といえば、株だ!」なんて、そんなことはありません。

世の中にはさまざまな投資方法が多くあります。

今回は株以外の投資についてお伝えさせていただきます。

【スポンサードリンク】

1.預金

預金が投資になるというのは、考えたことがなかったのではないでしょうか。

銀行に対する預金も金利というリターンを得ることができるので、資産運用の一つと位置付けられています。

元本は保証されているので、リスクはほぼないといっていいでしょう。

ただし、日本は現在0.001%という金利がないも等しいため、現状資産運用の一つとして考えるのは難しいといえます。

また元本は保証されていますが、金利がつかない状況で時間外での引き落としを行うと、元本からの手数料の支払いとなり、元本を削ることと直結します。

簡単に始めやすい投資ですが、普段何気ない行動が元本割れを引き起こしてしまうので、運用方法に注意が必要です。

 

「メリット」

・元本が保証されている

・銀行が破綻したとしても、預金保険制度により、1人あたり1000万まで払い戻しが保証されている

 

「デメリット」

・金利がほぼゼロ。普通預金、定期預金ともに0.1%以下のため、流動性のみ低くなる

引用元:三菱UFJ銀行 円預金金利

2.外貨預金

同じ預金でも、ドルやユーロなどの外貨の定期預金であれば、国内預金ではないような高い金利を受け取ることができます。

さらに、金利のほかにも為替差益を狙うことも可能です。

ただし、為替レートによっては損失が生まれることもあり、金利分の利益がなくなってしまうこともあります。

そのほか、円から外貨に変更時の手数料がかかってしまうので、手数料や金利などよく調べて預金することが必要です。

 

「メリット」

・国内預金よりも高い金利が期待できる

・為替差益を狙うことができる

引用元:三井住友銀行 外貨預金/ソニー銀行 MPNEYKIT

 

「デメリット」

・円から外貨、外貨から円に両替する際、必ず手数料がかかる

・為替差損により、元本割れの可能性がある

・預金保険制度の対象でないため、銀行破綻の際保証がされない

引用元:新生銀行 やさしい外貨預金教室

3.海外積立保険

毎月一定額を積み立てながら「ドルコスト平均法」に基づいた積立投資。

そのため、一括投資に比べリスクレベルは低く、投資初心者に向いているといえます。

ただし、外貨を活用するため、元本保証ではありません。

 

「メリット」

・時間をかけて少しずつ投資を行うことができるので、負担が少ない

・円の積立型保険商品に比べ、金利が高い

 

「デメリット」

・引き出す際、為替差損が出る可能性がある

・日本人が入れる海外積み立てが少ない

4.国債

国が発行し、利子および元本の支払い(償還)を行う債券です。

利子は半年に一回支払われ、元本は満期時に召喚されます。

安全性が高く、少額でも始められるのが特徴です。

国債の種類としては、いろいろな種類のものがあります。

半年ごとに利子が支払われる国債には、固定利付型(半年に1回決まった額の利子が支払われるタイプ)と変動利付型(半年に1回支払われる利子額が変動するタイプ)があります。

さらに、固定利付債には、満期が2年・5年・10年・20年・30年・40年の固定利付国債及び3年・5年固定型個人向け国債があり、変動利付債には、満期が15年の変動利付国債及び10年変動型個人向け国債、そのほか元本が変動する満期が10年の物価連動国債があります。

また、額面を下回る価格で発行され、途中での利払いは行われず、満期時に額面金額で償還される割引国債もあり、具体的には償還期限が1年以内の国庫短期証券があります。

※2016年7月現在3,5,10年すべて表面利率は0.05%

引用元:財務省 国債

 

「メリット」

・少額の資金で始めることができる(1万円から)

・安定した利回りを得ることができる

・発効後1年経過すればいつでも中途換金が可能(元本割れのリスクが少ない)

 

「デメリット」

・銀行預金とほぼかわらないほど金利が低い

・1年中途換金ができないため、流動性が低い

5.社債

企業が資金を調達するために発行する債券。

社債は、国債と似ています。

通常の場合には、一定の期間が経過すると利息と現金が戻ってきます。

利回りも、国債と比べると上積みされているのがほとんどになります。

もちろん定期預金よりも高いことが多いです。

 

社債の利息の上積み幅(スプレッドと呼ばれます)は、会社の信用力により大きく変わってきます。

低リスクの社債もありますが、銘柄によってはリスクが高いものもあるので注意が必要です。

社債は会社や銀行ではなく、証券会社で購入でき、利率が高く、魅力のある投資主体になりつつあります。

引用元:社債とは

 

「メリット」

・ほかのハイリターンの金融商品に比べればリスクが低く、堅実

 

「デメリット」

・社債を発行した会社が破綻した場合、戻ってこない

6.FX

外国為替証拠金取引といい、日本円と米ドルなど異なる2つの通貨を転換する取引をいいます。

証拠金を担保に何倍もの金額を運用することができるので、レバレッジ効果が期待できます。

売買の際は、為替相場が有利に変動するとドル安(円高)時にドルを買って、ドル高(円安)時にそれを売ると、レバレッジ効果により、大きく収益を上げることができます。

反対に不利な方向に相場が変動すると大きな損失を被ることがあり、損失が証拠金の額を上回ることもあります。

また為替相場の急変により、ロスカット※や強制決済が執行されることがあります。

 

※ロスカットとは建玉の含み損が増加し、担保である証拠金の保全を図るため、必要な証拠金の50%に到達した段階で、取引会社の判断ですべての決済を行うこと

引用元:楽天証券

 

~レバレッジの仕組みについて~

%e5%90%89%e7%94%b0%ef%bc%92

FXを行う上で、取引会社の選定が必須となります。

サービス内容や取引システムは各社ごとに違います。

選定の一つの方法として、スプレッドを確認することがよいでしょう。

スプレッドとは「売値と買値の価格」のことを言います。

下の図を見てみましょう。

1米ドル=100円10銭~15銭の時に、米ドルを買う場合、1米ドル100円15銭で買うことになります。

そして、米ドルを円に戻す際100円10銭で売ることになります。仮にドルを買ってすぐに売った場合、5線の損失となります。

 

F社:スプレッド5銭、手数料が10銭の場合】

売値(ビッド)
米ドルを売る事が
出来るレート

買値(アスク)
米ドルを買う事が
出来るレート

通貨ペア

113.05

113.10

米ドル/日本円

売値(ビッド):あなたがドルを売れるレートは113円5銭
買値(アスク):あなたがドルを買えるレートは113円10銭

F社を利用して、113円10銭の米ドルを買った場合、取引手数料が10銭なので「113円10銭+10銭」で

113円20銭、売値が113円20銭以上にならなければ、元が取れない。

さらに売る場合も手数料がかかるので、113円30銭以上がなければ、利益が生まれない計算となります。

引用元:FX 外為比較ランキング

 

「メリット」

・外国預金にくらべあて為替手数料がかなり安い

・レバレッジをかけることで、大きな利益得る

・スワップポイント※を毎日受け取ることができる

※スワップポイントとは、外貨預金でいう、いわば利息のようなもの。

FXは低金利の通貨を売り、高金利の通貨を買うことで、その金利差にあたるスワップポイントを受けることができます。

引用元:外為オンライン

 

「デメリット」

・計算上の損失が証拠金を上回った時点で、損失確定する

・リーマンショックやEU離脱など世界情勢により急激な為替変動が起こった場合、ロスカットが追い付かず、取り返しのつかない損失を被る可能性がある

7.不動産投資

不動産投資とは利益を得る目的で不動産に資金を投下することをいいます。

具体的には投資した不動産を他者に貸して、賃料収入などを受け取るインカムゲインと、その投資した金額以上での売却によるキャピタルゲインを期待する行為です。

 

不動産投資は一般に「ミドルリスク、ミドルリターン」の投資と言われます。

これは銀行預金などに比べリスクとリターンが高く、株式投資などに比べリスクとリターンが低めと言われていることからきています。

ただし、投資対象及び投資手法により多様性があるので留意が必要です。

不動産は賃料の下落や空室などにより予定していた収入が見込めない場合や不動産の価格が下落する時、場合によっては地震などによって建物が倒壊してしまうリスクがあります。

しかし危険性を伴っているが、基本的には土地がある限り価値がゼロになるという可能性は極めて低いといえます。

ただし、借り手や買い手がつかない不動産もあり、一方で公租公課等の保有コストはかかるので、留意が必要です。

引用元:不動産投資/フラット35

 

不動産投資は節税対策になるといわれています。

しかし「節税対策として不動産投資を行うことは間違いです。

減価償却費などによって発生する経費は大きいですが、それ以上の家賃収入がなければ、そもそも投資をするメリットがありません。

修繕費を発生させるなど、初年度以降も節税対策は行えますが、最終的に利益を出せば、当然その分の税金は国に収めることになります。

 

また利益が発生しない物件を抱えていると、融資を受けることが難しくなる場合もでてきてしまいます。

条件の良い物件を見つけても、資金不足でチャンスを逃すことになれば大きな損失です。

節税対策として不動産投資を進めてくる相手には、十分に気をつけた方がよいでしょう。

引用元:不動産投資新聞

 

「メリット」

・毎月安定した家賃収入が得られる

・投資の中で唯一の現物があるものなので、インフレ対策になる

・ローンには団体信用生命保険(※)がつくので、残された投資用不動産は生命保険の代わりとなる

※ローン契約期間中に契約者が死亡または高度障害になった場合、本人に代わって生命保険会社がその時点の住宅ローン残高に相当する保険金を債権者に支払い、ローンが完済する制度

 

「デメリット」

・空室リスクが高く、家賃収入が安定しない

・入居者が家賃を滞納した場合、収入が入って来ない

・築年数の経過によって物件の価値が下がる

8.投資信託

一言でいえば「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品」です。

「集めた資金をどのような対象に投資するか」は、投資信託ごとの運用方針に基づき専門家が行います。

 

投資信託の運用成績は市場環境などによって変動します。

投資信託の購入後に、投資信託の運用がうまくいって利益が得られることもあれば、運用がうまくいかず投資した額を下回って、損をすることもあります。

このように、投資信託の運用によって生じた損益は、それぞれの投資額に応じてすべて投資家に帰属します。

つまり、投資信託は元本が保証されている金融商品ではありません。

この点は銀行の預金などとは違うところになるので注意が必要です。

引用元:投資信託協会

%e5%90%89%e7%94%b0%ef%bc%93

「メリット」

・投資信託で運用することで分散投資をすることができる

・少額からスタートすることが可能

 

「デメリット」

・分散投資をしてもEU離脱やリーマンショックなど市場全体が落ち込むような場合、大きさ損失がでる可能性がある

 

9.外貨MMF

外貨建ての投資信託。「マネー・マーケット・ファンド」を略したものです。

元本は保証されていないものの、優良企業の社債や国債に投資するので、安全性を重視した運用が行われています。

証券会社やソニー銀行等で扱っており、会社によって運用方法が異なります。

外貨建ての資産運用商品になるので為替レートによっては元本割れをするリスクもあります。

引用元:AII ABOUT

 

「メリット」

・1万円程度から購入することが可能

・原則、土、日と投資信託の休日以外はいつでも購入、売却ができる

・外貨預金より金利が高い

・為替差益が非課税

・外貨定期預金より為替手数料が半額になるものもある

 

「デメリット」

・為替レートによって損失がうまれる

・元本は保証されない

・為替手数料が必要になる

 

以上9つの株以外の投資をあげてみましたが、この他にも投資の種類は沢山あります。

ご自分の経済状況やメリット、デメリットを考え、ご自身にあった投資を選択していくことが必要となります。

ご自身のポートフォリオを完成させるために、株以外の投資も行い、リスクヘッジをしていきましょう。

 

引用元:http://incomlab.jp/asset-management-3528

【スポンサードリンク】

LINEで送る
Pocket

Copyright© 2016 アセットサテライト, Inc. All Rights Reserved.

LINEで送る
Pocket