2016/09/30 ( Fri )

【どの銘柄がいいの??個人に人気の株を知る】

カテゴリー:投資 株式

LINEで送る
Pocket

『目次』

  1. 株の利益は、3種類

  2. キャピタルゲイン

    ●先回り買い

    ●バーゲンセール買い

  3. インカムゲイン

  4. 株主配当

 

どのような銘柄の株価が上がるのでしょうか?

それは、「買い手」が多い「人気が高い銘柄」といえます。

今回は、どのような銘柄が人気となるのか

をテーマにお伝えさせていただきます。

 

人気の高い銘柄とは、すなわち利益が得やすい銘柄

【スポンサードリンク】

株の利益は、3種類 

株の利益として、キャピタルゲイン、インカムゲイン、株主配当の3種類があげられます。

すなわち、この3種類それぞれで利益が出やすい銘柄が人気となります。

 

種類

説明

キャピタルゲイン

株式を売却することによって得られる売買差益のことです。

キャピタルゲインは、株や債券だけでなく、不動産、金、プラチナなどの貴金属を売買することでも得られる可能性があります。

売却することによって損失が出た場合はキャピタルロスといいます。

 

例)

株価30万円で購入した株式が、35万円になったときに売却した場合、差額5万円(手数料・税金を除く)がキャピタルゲインになります。

インカムゲイン

インカムゲインとは、株式や債券などの資産を保有中に得られる収益のことです。

例えば、株式では配当金、債券では利子がインカムゲインに当たり、それら資産を保有し続けることで、継続的な収入を期待することができます。

 

例)

配当利回りが5%の株を100万円分購入している場合、年に5万円の配当となります。

株主配当

配当とは別に、株主に対して行なう優待のことです。

決算日と同じ日に設定された基準日に、権利を確定した株主に対して、持ち株数に応じ優待品を無料配布します。

その企業が取り扱う商品、食事券・割引券・入場券ほか、お米・図書券など幅広いです。

 

例)

・吉野家ホールディングス:食事優待券

・カゴメ:自社商品(食品・ジュースなど)

・伊藤ハム:自社製品(ハムなど)

・オリエンタルランド:株主用パスポート

 

では、それぞれの利益を得るために個人投資家は、どのような判断で銘柄を選んでいるのでしょうか?

選ぶ判断を理解することで、人気になり得る銘柄を探し出しましょう。

 

キャピタルゲイン

株式投資は、「安く買って、高く売る」の一言につきます。

つまり、安い株価の銘柄が人気の銘柄となります。

しかし、「安い」とは、どういう状況なのでしょうか?

 

  • 先回り買い

将来、株価が値上がりする可能性があり、今なら安く買えるという銘柄です。

今買っておけば、将来、高く売れるはずという意図で購入します。

成長著しい、新興企業などが主な対象となります。

 %e5%a4%a7%e5%b3%b6%ef%bc%91

  • バーゲンセール買い

本来持っている価値に比べて安くなっているという銘柄です。

天変地異やショック安などで価値を無視して売られていますが、落ち着けば本来持つ価値まで株価が

回復するだろうという意図で購入します。

 %e5%a4%a7%e5%b3%b6%ef%bc%92

先回り買い

これから利益が伸びそうな会社、儲かって配当金も増えそうな会社を選んで買い、利益や配当が増えていくにつれて株価が上昇していくのを待つ、という投資手法です。

例えば、スマホゲーム「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」が大ヒットしたガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社(3765)。

%e5%a4%a7%e5%b3%b6%ef%bc%93

同社は、当初はネットオークション事業を手がけた後、事業をオンラインに特化しましたが徐々に株価は下がる一方となっていたところ、スマートフォン向けパズルRPG 「パズル&ドラゴンズ」サービススタートし、これが大ヒットしました。

累計ダウンロード数も上がる一方で、利益と同時に株価も上昇し、最大で214倍の高値がつきました。

もし、ゲーム好きでパズドラ人気に火がつき始めた頃にいち早く目をつけて、同社株を購入していたら、驚異的な株価上昇の恩恵にあずかることができたかもしれません。

 

 

しかし、身近ではないサービスを行っている上場企業から「安く買える」株はどう判断すればよいのでしょうか?

多くの投資家がその判断に使う「モノサシ」がちゃんとあります。

株価がいま安いかどうかは「PER」、「PBR」、「ROE」といった株価指標を使います。

 

PBRとは・・・Price Book-value Ratioの略で、

株価が1株当たり純資産(BPS:Book value Per Share)の何倍まで買われているか、

すなわち1株当たり純資産の何倍の値段が付けられているかを見る投資尺度です。

現在の株価が企業の資産価値に対して割高か割安かを判断する目安として利用されます。

PBRの数値は、低いほうが割安と判断されます。

%e5%a4%a7%e5%b3%b6%ef%bc%94

(引用元:SMBC日興証券 初めてでもわかりやすい用語集

PERとは・・・Price Earnings Ratioの略で、

株価が1株当たり純利益(EPS:Earnings Per Share)の何倍まで買われているか、

すなわち1株当たり純利益の何倍の値段が付けられているかを見る投資尺度です。

現在の株価が企業の利益水準に対して割高か割安かを判断する目安として利用されます。

PERの数値は、低いほうが株価は割安と判断されます。

%e5%a4%a7%e5%b3%b6%ef%bc%95

(引用元:SMBC日興証券 初めてでもわかりやすい用語集

 

ROEとは・・・Return On Equityの略で、自己資本利益率のことをいいます。

これは、株主が拠出した自己資本を用いて企業が株主のためにどれだけの利益をあげたか、

つまり株主としての投資効率を測る指標といえます。

 

ROE(%) = 当期純利益÷自己資本×100

 

自己資本 = 純資産 – 新株予約権 – 少数株主持分

 

ROE = 売上高純利益率 × 総資本(資産)回転率 × 財務レバレッジ

 

これらの株価指標を組み合わせて判断していきます。

総合的に割安と判断された銘柄は、人気の銘柄となりえます。

<ポイント①> 株価が割安か割高なのかを判断するPER

<ポイント②> 来期予想利益から株価が割安か割高なのかを判断するPBR

<ポイント③> 出資金が効率的に活用されているのかが分かるROE

【スポンサードリンク】

バーゲンセール買い                   

「いい株を安く買う」という発想です。

2008年9月のリーマン・ショックのときもそうでしたが、株式市場全体を襲う「○×ショック」と呼ばれる株価暴落が過去に何度かありました。

そんなときは、企業の価値に関係なく、株が売られてしまいます。天変地異や衝撃的な出来事で投資家の心理が恐怖に襲われるためです。このときの株式市場はお買い得株がごろごろ転がるバーゲンセール状態です。

%e5%a4%a7%e5%b3%b6%ef%bc%96

タイミングを見計らってうまく投資すると、良い株が安い値段で購入できます。

しばらくして投資家の心理が落ち着くと、あの急落は何だったのかと思えるほど、株価は元の水準に戻ることが多いのです。

このように安くなるタイミングでは、地力のある銘柄に人気が集中します。

インカムゲイン 

配当金は投資先の会社が配当金を支払った場合、株を保有している間は得られる安定的な収入です。

毎年コツコツ堅実に儲ける」のが特長のため、継続して高い配当金が支払える銘柄が人気となります。

注意すべき点は以下の3点です。

 

  • 業績の伸び

売上高と利益が前期より伸びる予想になっているかを確認します。

業績が減収減益では現状の配当金の継続も怪しくなります。

 

  • 配当性向

配当性向とは・・・その期の純利益(税引後利益)の中から、配当金をどのくらい支払っているかを

パーセンテージで表したものです。

計算式は、以下のようになります。

配当性向(%)=1株当たりの配当額÷1株当たりの当期純利益×100

 

つまり、会社が1年間で儲けたお金からどれだけ配当金として株主に還元しているかは、

配当性向を見ることでわかります。

(引用元:SMBC日興証券 初めてでもわかりやすい用語集

 

さて、配当性向は高い方が良いのでしょうか?低いほうが良いのでしょうか?

 

答えは、低いほうです。

なぜなら、まだまだ無理をしなくても配当を増やすことができるし、業績が少々悪くなったとしても現状の配当を維持できる可能性が高いからです。配当性向は50%以下であることを目安にしてください。

 

  • 増配予定

増配とは・・・多くの企業は利益の中から株主への還元策として定期的に配当を出しますが、

業績改善や株主重視策としてこの配当を増やすことを増配といいます。

増配を発表した企業は有望企業として注目され、その企業の株式が買われる傾向にあります。

(引用元:SMBC日興証券 初めてでもわかりやすい用語集

増配をするということは、経営陣の株主への還元を重視するという意思の表れととらえることができます。

 

この3つの条件のうち最低でも2つ以上を満たしていて、利回りが高い株こそが人気の銘柄となりえます

株主配当

%e5%a4%a7%e5%b3%b6%ef%bc%97

株主配当は、あくまで株式投資のおまけと割り切ることが大切だという点です。

「キャピタルゲイン」や「インカムゲイン」をしっかり確保しないと、

優待のおトク分などあっという間に吹き飛んでしまいます。

そのため、株主配当だけで銘柄を選ぶということは多くありません。

株主配当では、人気という観点ではなく、あなた自身に合った銘柄を選ぶべきです。

 

以上、人気の銘柄の探し方を挙げてみました。

ただし、銘柄選びはこの方法でなければならないということはありません。

人それぞれ買い方は違うので、ここで紹介した方法は一つの参考としてとらえて、

あなたに合った投資方法を見つけてみると良いかもしれません。

この他にも様々な選び方がありますし、人によって方法は変わります。

どの方法が正しいということもありません。

 

それはなぜでしょうか?

 

投資金額 や 投資方法 が人によって違うからです。

 

そのため、少しずつ慣れていくことで自分なりの投資方法を見つけていき、

利益を出せるようにすることが大切です。

自由な発想で自分のスタイルを作ってみてください。

【スポンサードリンク】

LINEで送る
Pocket

Copyright© 2016 アセットサテライト, Inc. All Rights Reserved.

LINEで送る
Pocket