2016/09/22 ( Thu )

【ココはおさえておきたい株式投資の基本】

カテゴリー:株式

LINEで送る
Pocket

目次

【ココはおさえておきたい株式投資の基本】

『目次』

1.株に対する心構え

(1) 株でどうしたいのか?

(2) 投資スタイルを決める

2.株の基本的な仕組み

(1) 株とは一体何でしょう?

(2) 株主になることで得る権利

(3) 株価の上下と株式投資

(4) 株取引できる時間帯を知る

(5) 株を取引している参加者を知る

(6) 株式投資の3つのリターン

(7) 株式投資の3つのリスク

(8) まとめ

株式投資を始める前に、

初心者でもわかりやすい株式投資の基本を

ココはおさえておきたいというポイントごとに

お伝えさせていただきます。

header

≪株に対する心構え≫

【株でどうしたいのか?】

最初にみなさんにお聞きしたいのは、

「みなさんは株でどうしたいのでしょうか?

 そして、その目的は何でしょうか?」

株でもうけて自分の資産を増やしたい!

という基本姿勢はみなさん同じかもしれません。

ですが、その先にある

『あなたが株に取り組む上で、目標とするビジョン』は

人によって実に様々でしょう。

 

「単にお金を増やしたい」のでしょうか?

「国内の預貯金では増えないから、

少しでもいい金利で運用をしたい」のでしょうか?

それとも「大きく稼いで夢のマイホームを

手に入れる為の住宅資金の確保」でしょうか? 

 

少し考えてみてください。

その答えは十人十色で

人によってぜんぜん違います。

どんな理由で始められてもいいと思います。

ここで知っていただきたいのは、

その人その人の目的(ビジョン)にあった投資方法 があり、

その目的達成にあわない投資方法は

するべきではないということです。

必要以上にリスクをとることはないのです。

 

*自分の投資目的をはっきりと持ち、

目的にあった投資方法を学んでいきましょう。

 

【投資スタイルを決める】

投資方法も様々なスタイルがありますが、

ここでは今はやりデイトレードと

基本的な投資方法でもある

中長期投資についてそれぞれの特徴を見ていきましょう。

 

デイトレード…

テクニカルな面と瞬時の判断、

それに加えトレードのスピードが重要になってきます。

常にパソコンの画面と相場に

張り付いていなければならないので、

一般的な投資家には不向きです。

また、その道のプロに、

まんまとはめられてしまう可能性もあります。

さらに言うと、株の上げ下げが

非常に大きい銘柄を選びますので、

ハイリスク・ハイリターンといえます。

 

中長期投資…

一日の株価の動きだけでは影響を受けにくく、

比較的長い目で見た投資を対象とするものです。

具体的には、成長している企業の株(グロース株)や

現状の株価から見て割安と思われる株(バリュー株)、

安定的に高配当を出している株(高配当株)など

さまざまな観点から投資をすることができます。

この方法であれば、相場に張り付く必要はありませんので、

仕事をしていても差し支えありません。

*まずは中長期投資のスタンスではじめてみましょう!

 

≪株の基本的な仕組み≫

【株とは一体何でしょう?】

株とは…「株式会社」が 事業の資金を調達するために発行する証券のことです。

企業が発行する「株式」を購入することを 「株式投資」と呼び、

集められたお金のことを「資本」、

お金を出してくれた人のことを「株主」と呼びます。

株は株式市場で買ったり売ったりでき、

そのときの値段が「株価」であり、

株価の上下が多くの投資家の損益に影響します。

引用元:ゼロからの株式投資 株初心者のための株式投資入門ガイド

 

【株主になることで得る権利】

では株式を購入し株主となった場合、

どのような権利が得られるのでしょうか?

上場企業に株式投資をすれば、

誰でもすぐに「株主」になることができ、

株主になると、配当金や株主優待を受取ったり、

株主総会に参加したりすることができます。

株主として権利を得る為には、

企業の決算期などの権利確定日という

株主としての権利が得られる日に

株を保有している必要があります。

株式投資をして、

株主になるということは、

企業に出資したことになり、

企業のオーナーとして

出資額に応じた権利を手にすることができます。

これが、株主の権利でもある株主権です。

株主になると、以下の3つの権利を得ることができます。

では、それぞれについてよくみていきましょう。

1、利益配当請求権

株式投資を行っている私たち一般投資家にとって、

最もなじみ深いもので、

配当金がもらえる権利です。

企業の業績が良ければ、

利益分配として受取れる配当金が増えますし、

もちろん業績が良いので、

将来に対する期待が高まり

株価も上昇する傾向にあります。

配当金は、株式投資を行った企業の

事業年度末に株を保有していると支払われます。

例えば、3月末が事業年度末の企業の場合、

配当金を受け取るには3月末まで株を

保有している必要があります。

逆に言うと、3月末のみ株を保有していれば、

配当金を受け取ることができるのです。

 

2、議決権

会社の意思決定の最高機関である

株主総会に出席して、

経営に関する決議に参加できる権利です。

株主総会には、決算期ごとに

定期的に開く定時株主総会と、

必要あるごとに臨時で開く

臨時株主総会があります。

総会で決議する内容には、

取締役の選任・解任、

役員報酬や配当の決定、

合併の承認などがあります。

封書で決議内容とご自身の議決権の数が

書かれたものが送られてきて、

書面で投票をする場合や、

ネットで投票して権利を使う事ができます。

株の初心者の方は株主総会の案内が届くと、

「ちゃんと株主になっているのだな」と

強く感じられると思います。

3、残余財産分配請求権

会社が解散する場合に、

保有株数に応じて、

残った財産の配分を受取れる権利です。

これはできれば使いたくない権利ですね。

まとめると

1、利益配当請求権

企業の業績に応じた利益分配(配当金)を受け取る権利

2、 議決権

株主総会に出席し、経営に参加する権利

3、残余財産分配請求権

会社解散時に残った財産を分配し受け取る権利

引用元:ゼロからの株式投資 株初心者のための株式投資入門ガイド

 

【株価の上下と株式投資】

株価は基本的には会社の業績が良く、

儲かっていれば上がります。

それは多くの人がその会社の株を買いたいと思うからであり、

少しくらい高くても株を買いたいという人が

どんどん増えるので、株価も上がっていきます。

そして株価が買った時より高い値段の時に売ると、

その差分が株での儲けとなります。

逆に赤字になっていたりして

業績が良くない会社の株は、

誰も買いたくありません。

すると株主たちは少しくらい安くても株を売りたいと

株をどんどん売りに出します。

その結果、株価が下がることになります。

株式投資とは…

業績の良い会社、将来性のある会社の株を買って、

株価が上がるのを待ち、売って儲けを出すことです。

引用元:ゼロからの株式投資 株初心者のための株式投資入門ガイド

 

【株取引できる時間帯を知る】

私たちが直接株取引をできる時間帯は、

平日の朝9時から11時30分まで(前場・ぜんば)と

12時30分から15時まで(後場・ごば)となっています。

(以前、前場は「11時まで」となっていましたが、

2011年11月21日より取引時間の

延長で「11時30分まで」となりました。)

 

この時間帯に、東京証券取引所などの株式市場が

開いていますので、株価が動きます。

平日の上記時間以外や土・日・祝日、

年末年始などは取引所もお休みですので、

取引ができません。

実際に取引ができる時間は上記の図のとおりですが、

株を売買する注文自体は、

ネット証券を使えば24時間365日好きな時に出すことができます。

(証券会社がシステムのメンテナンスをしている時を除く)

たとえば、【水曜日の19時】に買い注文を出したとします。

19時とは、取引所が閉まっている時間です。

なので、その“買い”注文は【翌日(木曜日)の朝9時】に回されます。

 

*株の注文はいつでも出すことができるので、安心ですね。

 

【株を取引している参加者を知る】

株式の取引は大きく分けて

「個人投資家」「機関投資家」「外国人投資家」の

三者でおこなわれています。

この三者の動向が株価の変動に影響を与えるので、

それぞれの特徴を知っておく必要があります。

 

「個人投資家」とは…一般的な投資家のことを指します。

売買単位が小さい為、株価に与える影響が最も少ないです。

 

「機関投資家」とは…国内にあるプロの投資機関です。

主に銀行などの金融機関や一般企業の投資部、

投資信託会などを指します。

売買単位が非常に大きい為、

株価に与える影響はかなり大きくなります。

 

「外国人投資家」とは…外国人の投資家です。

外国人投資家は国外の資金を使って日本株を買います。

為替差益も関わってくるので、

円高になると株が売られる傾向にあります。

外国人投資家は、

外国の機関投資家という意味も含んでいるので、

売買単位が大きく、株価に大きく影響を与えます。

それぞれの銘柄にある株主欄に

外国投資家の比率が載っているので

確認することができます。

 

私たち個人投資家は影響力が小さく、

主な株価変動要因は、

機関投資家と外国人投資家の売買で、

この二者の売買が最も影響を及ぼします。

ニュースなどでも機関投資家や

外国人投資家の話題が取り上げられることが多いので、

その動きには日頃から注目する必要があります。

*機関投資家、外国人投資家の動きに注意しましょう!

 

【株式投資の3つのリターン】

株式投資で得られるものは、

「売却益」と「配当金」と「株主優待」の3つのリターンがあります。

株式投資を始める前にまずは、

株式投資の3つのリターンを見てみましょう。

 

1、売却益(キャピタルゲイン)

株を買った値段よりも高い値段で売れた際に得られる利益で、

株を知らない方や、初心者の方でも

株の儲けと言えば、この売却益のイメージがあるかと思います。

株価が短期間で数割上昇することは珍しいことではありません。

例えば、ある銘柄を500円で1,000株購入し、

1ヶ月後に650円に値上りしたところで売却すると、

65万円と50万円の差額、

15万円の売却益を得られることになるのです。

売却益は、株式投資のリターンで

最も中心的なものといえるでしょう。

 

2、配当金(インカムゲイン)

配当金は、会社が稼いだ利益の一部を

株主が受け取れるものです。

この配当金は、会社ごとに異なります。

配当金は、毎期(1年ごと)あるいは、

毎上半期・下半期(6ヶ月ごと)や

毎四半期(3ヶ月ごと)に支払われる普通配当と、

特別に利益が出たときに支払われる特別配当、

創立記念などの記念配当に分けられます。

例えば、1株あたり15円の配当だった場合、

1株もっていると15円が配当金として受取れるので、

100株もっていれば、15円×100株で1,500円の配当金がもらえます。

配当金は、持っている株の数と受取る配当金が比例するので、

たくさん持っていればそれだけ多くの

配当金を受取ることができるのです。

株の初心者の方や日中の売買が頻繁に出来ない方は、

配当が良い銘柄に投資をすると良いかもしれません。

ただし、配当金は業績によって上下したり

無くなったりする事があるので注意が必要です。

 

3、株主優待

株式投資のリターンは

配当金と売却益の現金がメインですが、

もう一つ、株主に人気なリターンがあります。

それが株主優待です。

株主優待は、株主に自社の製品や自社施設の利用券などを、

無料や割引でプレゼントしてくれる制度です。

株の初心者の方が株式投資を始めたきっかけが

優待目的という方も多くいます。

配当金とは異なり、

税金がかからないことも株主優待の魅力・メリットです。

この株主優待を受けるためには、

権利確定日までに株主名簿への登録が必要で、

信用取引(空買い)で買っていても株主優待は貰えません。

株主優待を受取るには、現物株で保有する必要があります。

 

信用取引(空買い)とは…

「自分を信用してもらい、持っている資金以上に株式投資を行うこと」

自分の資金や株式などを担保にして、

証券会社からお金を借りて投資することです。

 

株主優待の商品が自分の手元に届くのは、

権利確定日から約2〜3ヶ月くらい後になります。

全ての企業が行っているわけではありませんが、

現在では約4分の1の企業が実施しているようです。

 

上記のように株式投資を始めることで

売却益や配当金、

株主に無料でプレゼントされる株主優待など、

大きなリターンを得ることができます。

ですが、リターンには表裏一体のリスクがあるのです。

次は株式投資のリスクについて見ていきましょう。

引用元:ゼロからの株式投資 株初心者のための株式投資入門ガイド

 

【株式投資の3つのリスク】

リターンがあれば当然そこには、

必ずリスクがつきまといます。

リスクとは「投資した資金が減ってしまう」ということです。

事前にリスクを知っていれば

リスクを軽減、または回避する確率も上がるのです。

株式投資の3つのリスク、

「値下りリスク」「流動性リスク」「倒産リスク」を見てみましょう。

 

1、値下がりリスク(価格リスク)

『値下がりリスク』というのは、

株価が下がるリスクをいいます。

株式投資の最大の魅力は、

株価の上昇による売却益(キャピタルゲイン)ですが、

株価は下落する可能性も常にあります。

例えば、1,000円で買った株が、

700円に値下りしたところで売れば、

300円の売却損(キャピタルロス)が

発生してしまいます。

また、売らずに持ち続けていれば損は出ませんが、

値下りが続けばさらに大きな売却損を

強いられる恐れもあります。

このような状態を値下りリスクといいます。

 

2、流動性リスク

『流動性リスク』というのは、

株を現金に換金するまでのリスクです。

売ることができなければ、

株は現金化されません。

日々の取引量が少ない会社の場合、

買い手がすぐに出てこないことがあり、

どうしても売りたい場合には、

希望する値段よりも大幅に安い価格で

売り注文を出すことになります。

このような状態を流動性リスクといいます。

あまり取引が活発でない銘柄では注意が必要で、

購入する株を選ぶ際には、

株の取引されている数である出来高が

十分多いか確認する必要があります。

また、実際に現金になるまでには

売ってから4営業日が必要となります。

 

3、倒産リスク(信用リスク)

『倒産リスク』というのは、

会社が倒産してなくなるリスクです。

倒産してしまったら、株券は紙くずとなります。

倒産した会社は、

利益を生んで配当を支払うことはできません。

株もしばらくは市場で取引を続けられますが、

それ以降は上場廃止となり、

売買ができなくなってしまうのです。

このような状態を倒産リスクといいます。

株主の権利で説明した、

会社が解散したときに残った財産を分配してもらえる、

「残余財産分配請求権」はありますが、

あくまでも財産が残った場合ですので、

借入金などを返済した後では、

会社の財産はほとんど残っていないことが実情です。

引用元:ゼロからの株式投資 株初心者のための株式投資入門ガイド

 

【まとめ】

私たちが投資する資金は、

株価の上昇による売却益によって

2倍3倍になる可能性もありますが、

上記のような様々リスクによって、

2分の1、3分の1になってしまう可能性もあります。

株の初心者の方はこれらのリスクをしっかりと把握して、

余裕ある資産の範囲で無理をしない投資をしましょう。

 

引用元:http://kabukiso.com/basics/view/basictop.html

目次

【スポンサードリンク】

【スポンサードリンク】

LINEで送る
Pocket

Copyright© 2016 アセットサテライト, Inc. All Rights Reserved.

LINEで送る
Pocket