2016/10/05 ( Wed )

【どの証券会社を選べばいい?おすすめネット証券会社ランキング】

カテゴリー:投資 証券会社

LINEで送る
Pocket

『目次』

1.選ぶ基準を考える

2.複数口座を持とう

3.ネット証券会社ランキング

4.第5位 SMBC日興証券(オンライントレード

5.第4位 楽天証券

6.第3位 マネックス証券

7.第2位 カブドットコム証券

8.第1位 SBI証券

【スポンサードリンク】

1.《選ぶ基準を考える》

「よし、証券口座を開こう」と思った時に、

「どこの証券会社がいいの?」というのは読者の方がもっと知りたいところ。

 

パソコンやスマートフォン1台で口座開設ができる「ネット証券」ですが、

手数料(一約定ごと、一日定額制)や取扱商品、

信用取引の手数料、信用取引の金利、取引ツールの機能・使い勝手、

スマホのアプリ、株主優待の検索機能、投資情報の充実度、キャンペーン、

NISAなどさまざまな基準があります。

2.《複数口座を持とう》

証券会社は、それぞれに独自の強みがあります。

例えば、A社では「企業の分析ができるサービス」。

B社では「リアルタイムの株価をお知らせするサービス」、

C社では「新規公開株(IPO)の取り扱い会社が多いというサービス」などさまざま。

これらのサービスは、ほとんど無料で利用できることが多く

証券会社の口座さえ開いていれば、使えるサービスが多いです。

人によっては10以上”の複数口座を開設している方もしばしば。 

口座の管理料が発生しないことがほとんどなので、複数の口座を持って、

自分の利用したいサービスをすべて利用するのも賢い選択かもしれません。

3.《ネット証券会社ランキング》

参照:オリコン日本顧客満足度ランキング 総合ネット証券の比較

1年に1回以上、インターネットを利用して株取引とETFを除く投資信託または債権を取引している6,162人による、総合ネット証券別 比較・評判の利用者の声や各項目の得点を紹介。

4.◆第5位 SMBC日興証券(オンライントレード(日興イージートレード))

 

%e5%86%a8%e7%94%b0%ef%bc%91

○評価項目得点

67.08点

 

○評価ポイント

・サポートサービス

・システムの安定性

・サイトの使いやすさ

 

○利用者の声

「コールセンターへの電話がとてもつながりやすい。」50代男性

「IPOの抽選申し込みがインターネットでできること。売り買いの状況が速やかに反映される 。」50代女性

「取引の手順がシンプルでわかりやすく、それほど時間もかからない」50代女性

 

○メリット

大手総合証券会社の一角。ネットトレード(ダイレクトコース)では、2015年4月に現物株式手数料を値下げし、約定価格帯によっては大手ネット証券よりも割安な取引が可能になりました。また、信用取引手数料無料も目玉で、アクティブなトレーダーに役立ちます。一方、大手証券会社ならではのサービスも魅力的。たとえば、新規公開株式(IPO)の取扱数が多く、主幹事証券を担当するケースも多数。積立投資は、投資信託に加え、株式でも可能です。金額・株数指定取引「キンカブ」で1万円から1000円単位で毎月(または隔月で)買い付けることもできます。アナリストレポートは他社を圧倒する充実度で、情報入手や銘柄選びにも。銘柄や経済情勢をじっくり調べながら、長期的に投資を行う人をサポートしてくれるのも特徴です。

 

【スポンサードリンク】

5.◆第4位 楽天証券

%e5%86%a8%e7%94%b02

○評価項目得点

69.46点

 

○評価ポイント

・資金管理のしやすさ

・取引手数料・コスト

・口座開設の容易さ

 

○利用者の声

「トータルリターンなど、利益が一目でわかりやすいのがありがたかった。」60代女性

「手数料が安い。注文のバリエーションがある。」50代男性

「初めてでも簡単に取引できた。」40代男性

 

○メリット

手数料コースは申込み時に「超割コース」「ワンショットコース」「いちにち定額コース」の3つから選べ、「超割コース」が断然お得(申し込み後はいつでも手数料のコース変更可能)。また、取引からニュース、投資情報、入出金などに使えるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名です。たとえば、「日経テレコン」では日経新聞の記事も読めることなど。さらに、国内外の多彩な商品揃えも豊富。投資信託が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので長期的な分散投資にも便利です。投資に役立つメールサービス「マーケットアロー」や毎日読める投資レポート&コラムは、投資の知力アップにはおすすめです。

6.◆第3位 マネックス証券

%e5%86%a8%e7%94%b03

○評価項目得点

69.78点

 

○評価ポイント

・提供情報

・分析ツール

・資金管理のしやすさ

 

○利用者の声

「米国株手数料の安さ、オンラインセミナーの多さ」50代男性

「チャートで最近の動きを見て、そのまま購入できた。」40代男性

「システムが安定しているので安心感がある」30代男性

 

○メリット

日本株投資に役立つ「決算&業績予想」、信用取引ではリスク管理に役立つ信用取引自動決済発注サービス「みまもるくん」が便利です。米国株は最低手数料5ドル(税抜)からお手軽に投資が可能で、米国ETFを通じて世界中に分散投資できます。投資先の調査、リスク管理、リスク分散など、じっくり腰をすえた大人の投資ができる証券会社。一方、短期・中期のトレードに役立つツールもそろっており、逆指値ほか多彩な注文方法が利用できる上に、板発注が可能な高機能無料ツール「新マネックストレーダー」が進化中です。日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」も提供しており、スイングトレードに役立つのが特徴。

%e5%86%a8%e7%94%b04

○評価ポイント

「口座開設の容易さ」

「取引ツールの利便性」

「サイトの使いやすさ」

 

○利用者の声

「手数料が安く、操作性が簡単だから」20代男性

「手数料の安さに加えて、シニア割引・NISA割引・プチ株積み立て継続割引など手数料削減は超充実」60代男性

「サイトが分かりやすく、取引のタイミングもはかりやすい」40代女性

 

○メリット

口座開設を申込後、最短で翌日から取引可能なので、思い立ったらすぐに株式投資を始められるのが魅力です。「リスク管理追求型サービス」として、逆指値やトレーリングストップなど、自動売買ができます。リスクを抑えつつ、利益追求が目指せるため、日中に値動きを見られないサラリーマン投資家にピッタリ! 一方、短期売買に役立つのが板発注機能装備のトレードツール「kabuステーション」。「リアルタイム株価予測」を備え、その日盛り上がりそうな銘柄を予測します。三菱UFJフィナンシャル・グループである点も強み。同グループ関連の指定のETFは、手数料無料の「フリーETF」として、低コストな分散投資に役立ちます。その他、スクリーニングツール「kabuナビ」、アナリストレポートは、自分なりに旬の銘柄を探したい人向け。投資信託の積立は最低500円からできるので、投資初心者にもおすすめの証券口座です。

8.◆第1位 SBI証券

%e5%86%a8%e7%94%b05

○評価項目得点

71.14点

 

○評価ポイント

・取引手数料・コスト

・取扱商品

・取引ツールの利便性

 

○利用者の声

「サイトが見やすく、初心者でもわかりやすい。頻繁にメールが来てオススメを教えてくれる。」30代男性

「各種手数料など金銭コストが、他社と比較して有利なことが多い点」30代男性

「投資の判断の助けになる各社のレポートが非常に充実していて、判断に迷うことがない。」30代男性

 

○メリット

証券口座開設数300万超はネット証券で堂々の1位。そもそも手数料の安さが人気の理由だが、安いだけでなく、大手ならではの他社に秀でたサービスにも注目。たとえば、投資信託の取り扱いは2000本超でダントツです。IPOの取扱いもネット証券で1位。PTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合があります。海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、ASEAN株式も取り扱うなど、商品の種類が豊富。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には必須の証券会社と言えます。ネット証券では珍しくリアル店舗も展開。証券口座と連動する住信SBIネット銀行のハイブリッド口座で普通預金金利が0.01%とメガバンクの10倍にアップ!

 

 

 

ここで紹介している証券会社の口座開設、口座管理料はすべて無料!

各社で提供している投資情報も異なるため、

複数の証券会社(ネット証券)の口座を作ってみるのがおすすめですね!

【スポンサードリンク】

LINEで送る
Pocket

Copyright© 2016 アセットサテライト, Inc. All Rights Reserved.

LINEで送る
Pocket