2017/01/21 ( Sat )

投資初心者のための証券会社比較一覧 大万証券(株)

カテゴリー:タ行 証券会社

LINEで送る
Pocket

皆さん、こんにちは。

今回は大万証券(株)の口コミ・評判・手数料についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

大万証券(株)とは

愛知県内に4店舗の営業所がある地域密着型の証券会社です。

お客様と直接会って取引する「Face to Face(フェイス・トゥ・フェイス)」

という安心をサービスとした会社です。

 

 

会社データ

創立年・昭和23年創業

代表取締役・榊原二郎

本社・愛知県名古屋市中区栄2丁目8番5号

資本金・3億円

 

 

大万証券(株)の特徴・優位点

安心して相談できる証券会社

「株ってベテランの人しかできないのかな・・・」と思っている人も多いかもしれません。

しかし、「株の仕組みがよく分からない!」という株取引初心者の方でも安心して相談できます

常にお客様と同じ立場・目線になり、投資目的や投資資金などに応じた適せつなアドバイスをもらえます。

もちろん、株式投資の経験があるベテランの方まで、丁寧に対応してくれます。

 

 

Face to Face 顔が見える証券会社

現在、お店に足を運ばなくても取引ができる「インターネット取引」が普及しています。

しかし、一人で判断して取引を行うことは不安ではありませんか?

「本当にこの銘柄で良いのだろうか?」「今、取引しても大丈夫?」

などの不安や疑問が出てくると思います。

大万証券は、そのようなお客様の不安を解消するために、「お客様と直接会うこと」を基本に取引を行っています

お客様と同じ立場・目線になることを大切にしているので、商品の説明や「投資」のメリットやデメリット、取引にかかる費用を丁寧に説明し、その人に合った商品を提案してくれます。

 

 

地域に密着する証券会社

大万証券は、愛知県内にあります。

名古屋本店、犬山支店、岡崎支店、下之一色営業所の4店舗です。

「地域に密着する」というのは、その地域のお客様との関わりを深めながら、お客様のニーズに応えることのできるサービス体制が整っています。

自分の大切な資産のお話は信頼できる人に相談したいですよね。

 

 

【スポンサードリンク】

比較ポイントをチェック

取扱商品

国内株式

上場株式、店頭登録株式(証券取引所で売買されている株)

日経300投信(日本経済新聞社が選んだ300銘柄)

ETF【投資信託受益証券】(投資信託の運用による利益分配を受ける権利)

リート【不動産投資信託証券】(不動産を対象とする投資信託)

新株引受権証券(新しく上場した企業の株を優先して引き受ける権利)

 

 

投資信託

投資信託とは、お客様から集めたお金を、株や債券、不動産投資信託に投資・運用することで、その運用成果(損益)で分配金を支払う仕組みのことです。

 

※人気商品

・ワールド・リート・オープン(世界各国に上場している不動産投資信託に分散投資)

・米国高利回り社債・ブラジル・レアルファンド(米ドル建ての高利回りが期待できる社債に投資)

・米国エネルギーMLPオープン(エネルギーや天然資源に関する共同投資事業に投資)

・グローバル・ソリブン・オープン(世界主要先進国の信用力の高い債券に分散投資)

・トレンド・アロケーション・オープン(世界各国の株式や債券、不動産投資信託などに投資)

・グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド(世界主要先進国のヘルスケア・バイオ関連の企業に投資)

 

 

 

中国株

※中国株の成長が見込める要因

・人口が多い

⇒一人っ子政策を続けていながらも人口が増え続けている。(13億8000万人:2015年現在)

・無限の可能性

⇒人口が約14億人であり、その大半が暮らす地域が発展し、経済の活動が勢いを増すため。

 

 

手数料

国内株式手数料

国内株式手数料

新株引受権付社債

sinnkabu

1円未満の消費税額等を切り捨て計算するため、上記表の手数料で求められた手数料よりも1円安くなることがあります。

 

 

投資信託手数料

・ワールド・リート・オープン

ワールドリートオープン

 

・米国高利回り社債・ブラジル・レアルファンド

米国高周り社債

 

・米国エネルギーMLPオープン

エネルギー

 

・グローバル・ソリブン・オープン

グローバルソリブン

 

・トレンド・アロケーション・オープン

トレンド

 

・グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド

ヘルスエア

 

 

中国株手数料

中国株手数料

上記表の手数料の対象は、海外の上場株式になります。

 

中国株式は、香港証券取引所、上海証券取引所%、深セン証券取引所の3か所で売買されているため、それぞれの通貨や税金等の諸経費が違います。

また、現地で下記の表の諸経費が加算(徴収)されたあとに円に換算され、その後、国内委託手数料(最大10.00%)と消費税が加算(徴収)されます。

3か所

※1 計算結果が50香港ドル未満の場合は20香港ドルとする。

※2 1香港ドル未満は切り上げ

※3 セント未満は四捨五入

※4 セント未満は切り捨て

※5 最高500香港ドル

注意:上記手数料は予告なしに変更されることがあります。

 

為替スプレッド(取次手数料)は下の表です。

為替スプレッド

※為替スプレッド(取次手数料)とは

円貨から外貨に、外貨から円貨に変える際の基準為替レートと適用為替レートの差分に相当し、外貨ごとに異なります。

 

 

こんな人にオススメ!

・お金のプロをそばに置きたい人!

・人とお話しをするのが好きな人!

・活動に時間がある人!

・インターネットは不安……という人!

・一対一で顔を合わせて、話し合いたい人!

・資産運用の失敗をしたくない人!

ひとつでも、あてはまる方がいたらオススメの会社です。

 

大万証券(株)のホームページはこちら

口座開設をしたい方はこちら

【スポンサードリンク】

LINEで送る
Pocket

Copyright© 2016 アセットサテライト, Inc. All Rights Reserved.

LINEで送る
Pocket