2017/03/14 ( Tue )

話題の損保ジャパン日本興亜DC証券の口コミ・評判・手数料まとめ

カテゴリー:ナ行 証券会社

LINEで送る
Pocket

皆さん、こんにちは。

今回は、損保ジャパン日本興亜DC証券の口コミ・評判・手数料についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

損保ジャパン日本興亜DC証券とは

SOMPOホールディングスのグループ会社で、日本で初めての「確定拠出年金の専門会社」として展開している会社です。

☆SOMPOホールディングスとは☆

国内の損害保険事業を中心に、日本国内の生命保険事業、介護やヘルスケア事業、海外保険事業などを展開しているグループ会社です。

 

会社データ

創立年・1999年5月10日

代表取締役・北 修一

本社・東京都新宿西新宿1-25-1新宿センタービル50階

資本金・30億円

損保ジャパン日本興亜DC証券の特徴・優位点

確定拠出年金の専門会社

冒頭でもお伝えしましたが、損保ジャパン日本興亜DC証券は日本国内初の「確定拠出年金の専門会社」として事業を展開しています。

☆そもそも確定拠出年金とは?☆

確定拠出年金には「企業型」と「個人型」の2種類のパターンがあります。毎月一定額の掛け金の設定を行い、その掛け金を運用しながら老後の資金を積み立てていく仕組みのことです。

「企業型」・・・勤めている会社が、掛け金を出してくれて自分自身で運用するもの。

「個人型」・・・自分自身で掛け金を出し、自分自身で運用するもの。

多くの証券会社は、今ある個人の資産に対し、その人のライフプランに合わせて、適切な商品を提案していきます。しかし、損保ジャパン日本興亜DC証券に関しては、まず「年金の現状」についてのところから考えます。

 

今の日本の現状を知っている証券会社

現在の日本には、65歳からもらえる年金制度があります。しかし、少子化も進み、今現在働いている人の負担が支払い負担が重くなっているの事実です。

このままでは、今働いている活発な世代が、余計にお金を市場に出すことを拒み、景気は悪くなる一方です。そのために国は年々物価を2%上昇させる仕組みを作っています。しかし、物価が上昇して、モノの値段が上がっても、年金の受給額はそれに合わせて、上がることがありません。それは「マクロ経済スライド」という仕組みがあるからです。

☆マクロ経済スライドとは?☆

物価の上昇とともに、本来であれば年金の支給額も同じように上昇させるべきところを「調整」が入ります。それは、物価上昇率-0.9%の上昇しかしません。

例えば、物価の上昇率が2%だとしたら、年金の支給額の上昇率は1.1%のみになります。

このような仕組みがあることにより、将来は年金のもらえる額が減る、という表現がなされています。そこで、その年金の足りない部分を埋めるためにあるのが、この確定拠出年金です。損保ジャパン日本興亜DC証券は、この確定拠出年金について、その人に合ったプランを提案していく事業を行っています。

 

比較ポイントをチェック

個人型の取り扱い商品

ここでは、「個人型」向けの取扱商品についてお伝えしていきます。

商品は全部で20種類あります。

●元本保証型商品●

①確定拠出年金傷害保険(損保ジャパン日本興亜)

●投資信託商品●

委託会社【損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント】

①ハッピーエイシング20

②ハッピーエイシング30

③ハッピーエイシング40

④ハッピーエイシング50

⑤ハッピーエイシング60

⑥損保ジャパン・グリーン・オープン

【日興アセットマネジメント】

①インデックスファンドTOPIX(日本株式)

②インデックスファンド海外新興国株式

③インデックスファンド日本債券

④インデックスファンド海外新興国債券

【野村アセットマネジメント】

①野村DC運用戦略ファンド

②野村日本債券ファンド(確定拠出年金向け)

【大和証券投資信託委託】

①DCダイワ物価連動国債ファンド

②ダイワ投信倶楽部外国債券インデックス

【アセットマネジメントOne】

①DIAM日本株式オープン≪DC年金≫

【三井住友トラスト・アセットマネジメント】

①DC外国株式インデックス・オープン

【朝日ライフアセットマネジメント】

①朝日Nvestグローバルバリュー株オープン

●その他●

RIET(不動産投資信託証券)

①野村J-RIETファンド(確定拠出年金向け)

②DCダイワ・グローバルREITインデックスファンド

 

 

 

 

制度運営管理手数料

確定拠出年金は、年金制度に関わることなので、国民年金基金連合会、運営管理機関、事務委託先金融機関に手数料を支払うことになっています。

情報コンテンツの充実ぶり

はじめての確定拠出年金の内容、運用ついて分かりやすく、ホームページに載っています。

ぜひ、ご確認ください!

確定拠出年金について

資産運用について

転職や退職をしたら?

損保ジャパン日本興亜DC証券のニュース

このバンドル型は、お取引相手に関してもコストを抑えることができ、なおかつ、現在確定拠出年金に切り替えを行っている企業にとっては、一連の流れやその人のニーズの移り変わりをしっかり把握してくれるシステムなのでとても好まれています。

もし、自分の会社が確定拠出年金を推奨していたり、移行しているのであれば、ぜひ一度、資料請求やホームページをチェックしてみてください。

損保ジャパン日本興亜DC証券のホームページはこちら

 

【スポンサードリンク】

LINEで送る
Pocket

Copyright© 2016 アセットサテライト, Inc. All Rights Reserved.

LINEで送る
Pocket