2017/03/20 ( Mon )

話題の証券会社 立花証券の口コミ・評判・手数料まとめ

カテゴリー:タ行 証券会社

LINEで送る
Pocket

皆さん、こんにちは。

今回は立花証券の口コミ・評判・手数料についてご紹介いたします。

【スポンサードリンク】

立花証券会社とは

知名度は大手に比べると低いですが、中堅の証券会社として信頼を置けると評判の会社です。中堅の中では老舗の証券会社で、昔からのお取引先も多数あり、信用・信頼の実績もある店舗型証券会社です。

老舗らしく店舗や電話対応が中心の「立花証券」ですが、現在ではオンライン取引サービスを2つ所持し運営しております。

1つ目が、昔から立花証券が運営している「立花証券e支店」、そしてもう1つは平成25年度にリテラ・クレア証券からオンライン株取引部門を事業継承し「ストックハウス」として現在運営されているサービスです。ストックハウスは利用者からの評判も良く、内容が高機能なほか、様々な情報を無料で閲覧できるサービスとなっています。

店舗では1人1人に寄り添えるサービス、そして対面でなくとも、手厚いサービスを提供している証券会社です。お客様との対応が一つ一つ丁寧である事を確認しました。

電話での応対ではありますが、しつこい勧誘電話はなく快適な投資ライフがおくれます。小額取引のお客様でも真剣に話を聞いておろそかにせず向き合っているという姿勢が前面に出ている会社です。

会社データ

創業:1953年9月

代表:石井 登

本社所在地:東京都中央区日本橋茅場町1-13-14

資本金:66億9,570万円

特徴・優位点

売買方法は電話が基本!?

立花証券本体では売買を決める際、電話での注文が基本です。
電話だからこそ、いろいろと相談もでき、安心して投資を進める方が多くいらっしゃいます。
また、パソコンが苦手な方々へはとても助かるサービスとなっています。

手数料は最低5400円~かかってきます。

きめ細かいサービス

電話売買での手数料を見ると割高ではありますが、その分サポートが充実。
出てきた相談や少しの不安をきちんと解消して、取引が可能です。

無理しない投資が安心して頼める会社です。

「立花証券ストックハウス」

立花証券が保有しているオンライン取引のサービス「立花証券ストックハウス」。
ジャパンネット銀行・ゆうちょ銀行などの大手銀行と提携しています。
その為、即時入金サービスの時に振込手数料がかからないという大きなメリットがあります。

最新情報が無料!?

ストックハウスの口座を所持している方への限定サービス。
 会社四季報の最新銘柄レポートが無料で読めます。
 四季報は本屋で買うとお金が発生しますが、今では証券の口座をもっていれば無料。
 さらに!1週間ごとに企業情報が更新される「会社四季報 最新銘柄レポート」。
 これも立花証券では閲覧可能です!
 一般では手に入らない情報満載の最新銘柄レポートです。
 このためだけに立花証券の口座を持つという方もいらっしゃるくらいオススメの情報です。

※四季報・・・1年に4回(3・6・9・12月)東洋経済新聞出版社の上場企業の個別銘柄情報が記載されている本です。

PO(新規公開株)の当選率アップ!?

ストックハウスの取り扱い商品の中にIPO(新規公開株)があります。
IPOの中世へのサイン化が可能になります。
大手証券会社と比較すると口座数が少ないため、IPOの当選率が高くなるのです。

※IPOの幹事をも引き受けているため、当選しやすくもなるとも一説では言われています。

【スポンサードリンク】

比較ポイントをチェック

手数料

立花証券では対面営業を基本としています。

ここでは対面営業時に成立する商品の手数料を記載します。

立花・国内上場株式手数料立花・国内上場株式手数料2立花・国内上場株式手数料3

取扱商品

立花証券はもともと「株の専門店」として発展しました。今でもその名残はありますが、多種多様化する現代の投資手法から下記を厳選して取引を実施しています。

※営業員を通じたお取引の際は以下です。

国内株式
債券
投資信託
先物・オプション
香港株・中国株

 

情報コンテンツの充実ぶり

立花証券本体では初心者に向けての情報発信は行っておらず、ホームページは非常にシンプルです。基本的な用語解説等はありますが、情報に関してはほとんど載っていません。基本中の基本がわかりやすいホームページです。

また、売買時の電話でのやり取りは他に類を見ないほどの充実ぶりです。聞きながらも疑問はお答えしていく、その姿勢で常にお客様との信頼関係を気づいています。

オンライン取引サービスである「立花証券ストックハウス」はスマホ向けのツールやここでしか見れない貴重な四季報のレポートが見れる等、保有している情報においては抜きんでています。

また、立花証券ストックハウスの方では取引ツールをすでに、取り入れていることから、わかりやすいツールを使うのであればストックハウスを登録してみると良いでしょう。

【口コミ・評判】こんな人にオススメ

 

 

 

 

3タイプの方へオススメします。

・投資をある程度始めて、お金を出すことに抵抗がなくなってきている投資家

⇒自分にあった、取引ツールを選択し購入ができます。

・パソコンの操作に慣れていない高齢者もしくは女性

⇒電話対応で、1人1人に丁寧に接して対応しています。

・IPO株(新規公開株)を考えてる方

立花証券のホームページはこちら

立花証券の口座開設はこちら

【スポンサードリンク】

LINEで送る
Pocket

Copyright© 2016 アセットサテライト, Inc. All Rights Reserved.

LINEで送る
Pocket