2017/04/08 ( Sat )

話題の証券会社 IS証券の口コミ・評判・手数料まとめ

カテゴリー:ア行 証券会社

LINEで送る
Pocket

皆さん、こんにちは。
今回はIS証券(株)の口コミ・評判・手数料についてご紹介いたします。

【スポンサードリンク】

IS証券(株)とは

IS証券株式会社は、「お客様とともに成長する証券会社」を経営理念に掲げる企業です。

また、良質なサービスと優れた金融商品を提供し、

お客様の多様で高度なニーズにお応えさせていただくことを目的として設立され、

2017年2月に創業10周年を迎えた新進気鋭の企業でもあります。

 

会社データ

<創業>

平成19年2月22日

<役員>

代表取締役社長 多田 一昭 

<所在地>

〒100-0005
東京都千代田区丸の内2丁目2番3号 丸の内仲通りビル

 

特徴・優位点

1.日本初!トルコ国債の取り扱い!

日本で初めて「トルコ共和国」の国債

個人投資家向けに取引している企業です!

業界ではまだまだ若い会社ということもあり、柔軟な商品展開が特徴的です。

2.キャンペーン企画が多彩!

新規口座開設におけるキャンペーンを多数実施!!

まだ口座を開設していない方はチャンスかも・・・♪

【スポンサードリンク】

比較ポイントをチェック

手数料

各種手数料は下記のとおりとなっております。

下部にHPのリンクも貼っておりますので、詳細はそちらをご覧ください。

■現物株式

※詳細はこちら!

 

■株価指数先物取引

※詳細はこちら!

 

■くりっく365

取引手数料(片道、税込み)は、1,080円(消費税込)です。

(取引単位が1万通貨単位の通貨ペアは1万通貨あたり、

取引単位が10万通貨単位の通貨ペアは10万通貨あたり、

取引単位が1000万通貨単位の通貨ペアは1000万通貨あたりで加算)

本取引は少ない資金で大きな金額の取引(25倍以下)が出来ますが、

元本及び利益が保証された取引ではないため、

取引通貨価格・金利・相場の急激な変動等により、損失が生じる可能性があります。

証拠金が一定水準以下となった場合、ロスカット制度が適用されますが、

預託した証拠金以上の損失が生じる場合もあります。

※詳細はこちら!

 

取扱商品

IS証券(株)の取扱商品は下記7つです!

==================

 ①株式取引

②公募・売出株式

③株価指数先物取引

④投資信託

⑤外国国債

⑥国内債券

⑦くりっく365

==================

■株式取引

→株式取引では、現物取引と信用取引の2通りあります。

 

◎現物取引では、国内取引所に上場している銘柄を扱っており、

対面のお取引により、お客様に最良のサービスを提供しております。

 

信用取引とは、レバレッジを用いることで

お手持ちの資金以上の取引が可能な取引方法になります。

現物取引同様、対面のお取引により、お客様に最良のサービスを提供しております。

尚、リスクの高い商品になるため口座開設には一定の投資経験、知識、資力等が必要です。

※詳細はこちら!

 

■公募・売出株式

公募とは既に上場している会社が、

不特定多数の投資家を対象に増資の応募を求めることです。

売出しとは、大株主の 保有株など、

既に発行されている株式を不特定多数の投資家に対して売出すことです。

通常は、これらを総称して「公募・ 売出し」といいます。

 

◎公募・売出株式抽選参加のお申込み

公募・売出株式の募集にあたり、

「公募・売出株式を購入する権利」を抽選により決定します。

そして、当選されたお客さまがご購入・申込みをすることにより、公募・売出株式の取得ができます。

※詳細はこちら!

 

■株価指数先物取引

IS証券では、日経平均株価(日経225)を対象とした株価指数先物取引ができます。

証拠金はSPAN証拠金の100%から取引ができます。

ただし、開始資産基準は100万円からとなります。

(詳細につきましては株価指数先物・オプション取引の契約締結前交付書面をご確認ください。)

日経平均株価指数先物取引 の委託手数料 : 1枚につき、8,640円(税込み)

※詳細はこちら!

 

投資信託

投資信託とは、投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、

運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、

その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品です。

投資信託の運用成績は市場環境などによって変動します。

投資信託の購入後に、投資信託の運用がうまくいって利益が得られることもあれば、

運用がうまくいかず投資した額を下回って、損をすることもあります。

このように、投資信託の運用によって生じた損益は、

それぞれの投資額に応じてすべて投資家に帰属します。

つまり、投資信託は元本が保証されている金融商品ではありません。

※詳細はこちら!

 

■外国国債

→トルコ国債

※詳細はこちら!

 

→ブラジル国債

※詳細はこちら!

 

■国内債券

→ショッピングクレジット・ファクタリング債

※詳細はこちら!

 

→不動産開発向け債券(固定利付円建て普通社債)

不動産の普通社債とは、

不動産(ファミリー型マンション)の施工前に販売主が当該不動産の取得を行い、

その資金調達の一部を社債として発行した金融商品です。

当該不動産は、施工完成後エンドユーザーに販売され、現金化されます。

※詳細はこちら!

 

■くりっく365

くりっく365とは、

東京金融取引所が市場を開設・運営している外国為替証拠金取引(FX)です。

FXでは、投資家が預けた証拠金を担保として、

その数倍~数十倍の金額を運用することが可能です。

FXは、このレバレッジ効果により、少額の資金で多額の利益を得ることもあれば、

逆に多額の損失を被ることもある、 いわゆるハイリスクハイリターン型の取引です。

※詳細はこちら!

 

情報コンテンツの充実ぶり

HPによるマーケット情報の発信に加えて、

実際にセミナー等も定期的に開催しています!

過去の様子はこちら↓↓

【口コミ・評判】こんな人にオススメ

IS証券株式会社は、商品の情報開示やマーケット情報が少ないため、

自分で情報を取りに行ける人には向いている会社です!

反対に、投資情報がまだ詳しくない方は、

情報取得に時間がかかる可能性が高いので、初心者には難易度が高い可能性もあります。

 

IS証券(株)のホームページはこちら!

IS証券(株)の口座開設はこちら!

 

【スポンサードリンク】

LINEで送る
Pocket

Copyright© 2016 アセットサテライト, Inc. All Rights Reserved.

LINEで送る
Pocket