2017/02/15 ( Wed )

話題の証券会社GMOクリック証券の口コミ・評判・手数料まとめ

カテゴリー:サ行 証券会社

LINEで送る
Pocket

皆さん、こんにちは。

今回はGMOクリック証券㈱の

口コミ・評判・手数料についてご紹介いたします。

【スポンサードリンク】

GMOクリック証券とは

GMOクリック証券は、日本のインターネット証券会社で

ガッキーこと新垣結衣が出演しているCMでお馴染みの方も多いのではないでしょうか。

 

もともとは、東証一部上場のGMOインターネットグループの子会社

GMOインターネット証券会社として設立されました。

その後、GMOインターネットの金融事業撤退を受け、

GMOインターネット社長である熊谷 正寿 氏が

GMOインターネットの持ち分株式全株を個人で買い取ったため、

GMOインターネットとの資本関係がなくなり、現在のGMOクリック証券へと商号が変更しています。

 

取引は、インターネット上ですることがほとんどなので営業マンからの売り込みもなく、

簡単注文ツール「はっちゅう君」を使えば簡単に注文できます。

また少額取引に関しては、業界最安値水準の手数料を掲げている証券会社でもあります。

 

会社データ

設立:20051028

代表取締役:会長 / 高島 秀行, 社長 / 鬼頭 弘泰

本社:東京都渋谷区桜丘町201号 渋谷インフォスタワー

資本金:434,6663,925

 

【スポンサードリンク】

GMOクリック証券会社の特徴・優位点

手数料が安い

取引を行うときに役立つ『無料支援ツール』が充実しており、

売買手数料も証券会社の中では圧倒的に格安です。

 

取引開始後は、しばらくは手数料が無料であったり、

特に信用取引の売買手数料は、

約定代金が500万円未満の場合は、1取引あたり100円、

約定代金が500万円を超えると、売買手数料が無料になります。

また、CFDFXなどの手数料は無料となっています。

さらにNISA口座での現物売買手数料が、ずっとゼロ円となっているもの特徴です。

 GMO証券NI

このように、ネット証券のなかでも常に1,2を争う格安な手数料を提供しています。

 

手軽でシンプルなツールが充実

GMOクリック証券では、誰でもいつでも手軽に取引できるようなツールが充実しています。

例えば、手軽にアクセスできるPC版(会員ページ)や

スピード注文など高い操作性で人気の「スーパーはっちゅう君」、

GMO証券3

携帯電話からでもサクサク取引できる「モバトレ君アプリ」、

GMO証券5

スマートフォン用Androidアプリ「株roid」、

GMO証券7

iPhoneアプリ「iClick株

GMO証券6

といった取引ツールを無料で利用することができます。

そのため、外出先などでも相場状況を確認したり、取引したり出来るメリットがあります。

 

さらに、10分後のレートの価格の上下を予測して

UP(円安」「DOWN(円高)」のボタンを押すだけで取引ができ、

バイナリーなら元手となる資金も1000円から取引可能です。

 

FX取引とは異なり、利益確定やストップ中庸の設定が不要のため、

相場に張り付いていなくても大丈夫なので、

「本業に集中できない」といったことや「ずっと取引を見続けてなければならない」という問題もありません。

 

全てのサービスを1つのID・パスワードで対応

GMOクリック証券では、株・FX・先物取引・CDF取引など
全てのサービスを1つのDIとパスワードで
一括して管理できるので手間もかからず便利に利用することができます。

 

Webページの操作画面が見やすく快適

GMOクリック証券のWebページでは、6つの通貨レートのbid(売値)とAsk(買値)を表示することができます。

始値からの値動きがどれだけあったのかが、その下に表示されていますので、

取引する際に見やすく、投資が快適に行えます。

また、チャートやニュースについても、ワンクリックで表示できるようになっています。

 GMO証券9

余計なアプリやソフトウェアをダウンロードする必要が無く、

Webページだけで簡単に新規注文も決済注文もでき

現在の建玉(売買の約束はしているが、まだ支払いが終わっていないので取引が完了していない状態のこと)と、現在の口座状況もすぐに確認出来るので、

とにかく素早く簡単に取引したいという方にピッタリです。

 GMO証券10

さらにPlatinumチャート+(プラチナチャートプラス)が提供されていて、

こちらも面倒なインストールは必要がない上に、

チャート表示機能がここまで入っているのかと思うくらい種類が豊富です。

 

GMOクリック証券はとにかくWebページの使い勝手が良く、他社と比べても抜きん出ているのが特徴です。

 

【手数料・取扱商品・情報量】 気になる比較ポイントをチェック

手数料

GMOクリック証券の手数料一覧です。

table-cost

GMOの安さは業界トップクラスで、

2015年7月現在ではほとんどの約定代金でライブスター証券に次ぐ2番目となっており、

かつて手数料の安さで躍進したネット証券最大手のSBI証券より安くなっています。

1485746288367 1485746322241

 

※詳しくはこちら

 

取扱商品

株式という面での取り扱いは少なめです。

外国株を中心に取引したいという方にはやや不向きなラインナップとなっています。

 

【取り扱っている商品】

・国内株式

・制度信用取引

・先物・オプション

・新規公開株

・一般信用取引(買い○ 売り×)

・投資信託

 

情報コンテンツの充実ぶり

TwitterGMOクリック証券 はっちゅう君PR」にて、

GMOクリック証券の最新情報が流れてくるので簡単にチェックすることができます。

Webページからアクセス可能

 

また、GMOクリック証券×ダイワインターネットTVが提供する

GMOクリックTV投資チャンネル」があり、

日経平均株価や国内外のマーケット情報などプロの視点からみる解説を交えながら

投資をする際に役立つ情報が配信されています。

 

その他、無料で以下の様な情報ツールを使用できます。

①かんたん銘柄診断

初心者にうれしい「簡単銘柄診断」です。

GMOクリック証券の取引口座を持っていなくても誰でも、簡単な5つの質問に答えるだけで、自分の投資スタイルに合った銘柄を知ることができます。

気になる方はこちらから

 

②銘柄スクリーニング

銘柄を調べる際に役立つコンテンツです。

最短1クリックで検索結果を表示できたり、1度検索した条件は保存することができるので『銘柄スクリーニング』を起動してすぐに、お好みの条件で検索することが可能となっています。

 

③財務分析

この財務分析の「株価分析」を使えば、その銘柄が割安or割高なのか瞬時に確認することができ、「企業価値評価」では企業価値をひと目で把握することができます。

その他にも、企業の最大10年分の財務諸表を分かりやすいグラフでみることができたり、比較したい銘柄を最大3社同時に比較できたりなど、個人の知識だけでは調べづらい企業データを財務の観点から把握することが可能となっています。

 

④適時開示・EDINET

投資判断上重要な会社情報、EDINETに提出された金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類を速報で提供しています。

 

⑤アナリストレポート

年間約2,000本の発行実績を持つアナリストが、独自目線で将来の業績予想や分析結果のポイントなどを分かりやすく解説したものをレポートにまとめています。

 

⑥ニュース

常に変化している国内外のマーケット情報が、24時間随時更新されています。

 

⑦株主優待

各銘柄の株主優待の情報が提供されています。

 

⑧チャート・時系列データ

1クリックで素早く表示することができ、銘柄比較やトレンドラインを引くことが可能となっています。また。分かりやすく見やすい時系列データも特徴的です。

 

⑨四季報・企業情報

業種・社名・事業内容・業績見通し・トピックス・業績・配当・株主・役員・連結子会社・財務・資本移動・株価・格付・株価指標、等を確認することができます。

 

⑩銘柄検索

多様なキーワード検索やカテゴリ検索が可能となっている一方、1クリックでも探せるので初心者から上級者まで幅広くサポートしています。

 

【口コミ・評判】 こんな人にオススメ

以下がGMO証券のメリットです。

    株の現物取引などの手数料安さが業界トップクラス

インターネット証券であり使いやすいツールが充実しているので、

操作性がシンプルで取引にスピード感がある

株式投資が初めての方や、これらから安いコストで取引したいという個人投資家の方にもおすすめです!

《ネットでの口コミは以下の画像をご参照ください》。

GMO証券2 GMO証券11

 

GMOクリック証券のホームページはこちら

GMOクリック証券の口座開設はこちら

 

【スポンサードリンク】

LINEで送る
Pocket

Copyright© 2016 アセットサテライト, Inc. All Rights Reserved.

LINEで送る
Pocket